Android タブレット(俗に言う中華パッド)関係の話題は「中華パッド研究所」へ徐々に移動させているところです。GF12(Impression i7)の話題もこちらに。

2012年9月19日水曜日

資料掲載:福島県18歳児以下のこどものエコー検査結果のまとめ(2012.9.1) 

元京都薬科大学教授 大和田幸嗣先生(専門 分子細胞生物学)から、福島県の18歳以下のこどものエコー検査結果についてまとめて頂いた資料を入手しました。

拡散可能という事ですので、こちらでも掲載させていただきます。


ことにA2判定のこどもたちが増えています。
今後特に経過を見なければいけない子どもたちがそれだけいるということですが、全対象人数36万人に対し、まだ8万人の検査しかすんでいません。

また被曝経緯のある対照群として上記の表に挙げられている、チェルノブイリ近郊の18歳未満児よりも遥かに高い割合の嚢胞保有率となっています。

今後さらに人数・割合共に増えるであることが予測されるという事です。

参考



0 件のコメント: