Android タブレット(俗に言う中華パッド)関係の話題は「中華パッド研究所」へ徐々に移動させているところです。GF12(Impression i7)の話題もこちらに。

2012年1月12日木曜日

【告知】震災復興講演会 「がれき受け入れの意義と問題点」

主催関係者からご連絡をいただきましたが、先方がウェブサイトお持ちでないとのことですので、すでにいくつかのブログなどでご紹介されているとは思いますがこちらでも掲載させていただきます。以下チラシより抜粋編集にて。





"この度の東日本大震災で多くの街が被害を受けました。
その復興に向けて、私たちがどのように関わっていくかを考えるべき時です。
震災で発生したガレキの処理についても、大きな社会問題となっています。
日本中の子供たちの安全と幸せのために、正しい知識や情報を一緒に学びませんか?"





がれき付着の放射性物質が受け入れ地区に与えるだろう汚染(希釈拡散の問題として)について、専門家の知見を元に多角的に考えるための講演会です。


講師
元京都大学理学部教授 山田耕作 先生(専門 理論物理学)
元京都薬科大学教授 大和田幸嗣先生(専門 分子細胞生物学)



内容
① 放射性物質で汚染されたがれき処理の意義と問題点 (山田耕作先生)
~「第2のフクシマ」を起こさないために~
がれき付着の放射性物質が受け入れ地区に与えるだろう汚染(希釈拡散の問題として)について


② チェルノブイリ原発事故25年の健康被害の実態から学ぶ (大和田幸嗣先生)
~長期低線量内部被曝の脅威~
がれきに付着してくる放射性物質が地域住民へ与える健康被害の可能性(放射線被害の危険性)について


③質疑応答



日時
平成24年1月21日(土) 13:00受付開始 講演会は13:30~16:00


場所
三田市フラワータウン市民センター(TEL:079-562-5555)→リンク


費用
500円(資料代)


主催
未来工房




お申し込み・お問い合わせ
メール sanda_kodomo☆hotmail.co.jp (☆は"@"に読み替えてください)

なお当日、ボランティアによる託児を承ります!
要予約、定員25名(小学生以下)
ボランティアさんへの交通費・会場費・保険代として、一人300円ご負担ください。



それからお願いです
当日の講演の模様、中継の許可が出ております。しかし残念ながら、主催にUST中継などの技量をお持ちの方がおられないようです。もしご協力いただける方いらっしゃれば非情に助かります。前出の主催のメールアドレス、またはtwitterにて僕 ( @gmax_jp )にご連絡ください。






0 件のコメント: