Android タブレット(俗に言う中華パッド)関係の話題は「中華パッド研究所」へ徐々に移動させているところです。GF12(Impression i7)の話題もこちらに。

2011年3月29日火曜日

IS06チューニングメモ

今のホーム画面
ADW.Launcher使用
先月にガラケーを捨て(実際にはまだ手元にある)、Android携帯に乗り換えた。
機種はIS06。ちょっと普通じゃないのが欲しかったのでw


チューニングは、

IS06用バッテリー持ち完全解消マニュアル


あたりを参考にしつつ、少しアレンジした。スマートフォンはバッテリのもちが設定次第で全然違うので、そこをメインに。今のところは下記を入れている。


  • Advanced Task Killer
    • 裏で動かしておきたいアプリ類をIgnore Listに入れ、併せてScreen Off時にそれ以外のアプリは自動的にKillするようにした。
  • CPU Tuner
    • root化必要。ガバナの設定はここを参考にしたが、あくまで「効率重視」設定なのでもう少し調整の余地がある。通信周りの自動トグルはGreen Power Freeにやらせるので、通信周りはすべて触らないようにしてCPUクロックだけを調整させている。
  • Green Power Free
    • 通信周りの設定の自動変更なんかはこれにやらせている。CPU Tunerよりきめ細かい。
  • Battery Mix
    • 電力消費グラフだけでなく、プロセスごとの消費電力も教えてくれるので有効。

  • My Settings
    • Quick Settingsでもほぼ同じ機能があるが、こっちのほうがUIが優れているのでこちらを採用。
途中で試したのは下記。
  • Juice Defender
    • 個人的に調整範囲とか項目が気に入らないのでステ。
  • Battery View
    • プロセスごとの消費電力目安が取れるBattery Mixの方がベターなのでこちらはやめた。
  • Quick Settings
    • 悪くはないのだけど、UIの使い勝手でMySettingsに軍配があがる。
  • Overclock Widget
    • オーバークロックをするつもりがないのと、設定が2種類しかないのでより細かな調整のできるCPU Tunerにした。
アプリもありまだ設定の詰めが甘く、ときおり何故か電力消費が大きくなったり、クロック落とし過ぎなのかハングアップするようなアプリも時々ある。


0 件のコメント: